ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
ねむり家オーナー大郷卓也のブログ
綿が実りました!!
2016.09.17

%E7%B6%BF.jpg

 秋の訪れを告げるかのように、綿の実がはじけました。いよいよ国産綿の実りの季節です。
 この瞬間を待ち望んでいた私たちには、くす玉が割れたように見えます……「収穫おめでとう!!」と。
 種を守っていた繊維はふんわりやわらかく、種はさぞかし気持ちよかったことだろうと想像できます。
 収穫を終えたら、今度は半纏や座布団となって人肌をやさしく包み、あたためてもらいましょう。
 いつもは苦手な冬ですら、なんだか楽しみになってくる私たちなのでした。(ねむり家スタッフ一同)

綿の花が咲きました
2016.08.27

%E7%B6%BF%E3%81%AE%E8%8A%B1.jpg

 以前北日本新聞やNHK「ニュース富山人」で紹介された、「和綿栽培プロジェクト」。おかげさまで順調に成長し、このほど待ちに待った花が咲きました。
 「ん?芙蓉と似ているな」と思われた方も少なくないでしょう。そう、綿と芙蓉はともにアオイ科に属する植物なのだそうです。
 開花から40~50日後に実が割れ、中の繊維質が出てきていよいよ収穫時期となります。
 夏が終わるのはちょっぴりさみしいですが、綿の初収穫を迎える今年の秋は、いつに増して楽しみな私たちです。
 引き続きご報告をお楽しみに。(ねむり家スタッフ一同)

見直そう、国産綿
2016.01.15

%E9%AD%9A%E6%B4%A5%E7%94%A3%E7%B6%BF.jpg

 みなさん、これは何かお分かりですか?
 これは国産の綿です。ねむり家の地元は富山県富山市ですが、これは同県魚津市で収穫されたものです。
 農家の方にお願いし、約600坪(約1,980㎡)の畑で栽培していただきました。
 明治時代以降、綿製品の大量生産が可能になると、コストの安い輸入綿がもてはやされるようになり、国産綿は衰退してしまいました。
 しかし、輸入綿には大量の農薬や化学肥料のほか、害虫が多いため殺虫剤も使用されており、健康面に大きな不安をもたらします。
 近年、日本ではそれらを使用しない国産綿の栽培が見直されており、ご紹介した綿ももちろん、オーガニックコットンです。
 ねむり家は、みなさまに安心・安全な眠りをご提供すべく、これからもさまざまな方々と関わり合いながら、よりよい寝具の開発に努めてまいります。(ねむり家スタッフ一同)

ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム