ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
ねむり家オーナー大郷卓也のブログ
夏の睡眠を快適にする秘訣
2016.07.16

 朝日新聞デジタルに、夏の睡眠に関する記事が紹介されていました。
 寝苦しい夏の夜に快適に眠るポイントは、やはり寝具選びや環境づくりにあるようです。
 汗や湿気を吸収しやすく、肌触りのよい綿や麻の寝具を選ぶこと、寝室の温度を27℃くらいに調整することなどが効果的だそうです。
 高校野球の地方予選も始まり、いよいよ夏本番。ねむり家の快適な夏ぶとんがあれば、猛暑の夏も「バッチ来~い!!」です。
 みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。(ねむり家スタッフ一同)

睡眠不足の日本人
2016.05.14

 またまたLINE NEWSの受け売りで恐縮ですが、アメリカの大学の研究チームの調査によると、日本とシンガポールの平均睡眠時間が7時間24分と、世界で最も短いそうです。
 中でも中年男性の睡眠時間が少ないとのこと。睡眠不足は太りやすい体質や記憶障害の原因になるそうなので、中年太りのひとつの要因は睡眠不足と言えるかもしれませんね。
 睡眠のサイクルは1クール1.5時間。体にフィットし、体が喜ぶ寝具を選び、せめて7.5時間ぐっすり休むことを目指してみませんか。
 ねむり家はみなさんの睡眠不足解消のお手伝いをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談下さいませ。(ねむり家スタッフ一同) 

見直そう、国産綿
2016.01.15

%E9%AD%9A%E6%B4%A5%E7%94%A3%E7%B6%BF.jpg

 みなさん、これは何かお分かりですか?
 これは国産の綿です。ねむり家の地元は富山県富山市ですが、これは同県魚津市で収穫されたものです。
 農家の方にお願いし、約600坪(約1,980㎡)の畑で栽培していただきました。
 明治時代以降、綿製品の大量生産が可能になると、コストの安い輸入綿がもてはやされるようになり、国産綿は衰退してしまいました。
 しかし、輸入綿には大量の農薬や化学肥料のほか、害虫が多いため殺虫剤も使用されており、健康面に大きな不安をもたらします。
 近年、日本ではそれらを使用しない国産綿の栽培が見直されており、ご紹介した綿ももちろん、オーガニックコットンです。
 ねむり家は、みなさまに安心・安全な眠りをご提供すべく、これからもさまざまな方々と関わり合いながら、よりよい寝具の開発に努めてまいります。(ねむり家スタッフ一同)

受験シーズン到来
2016.01.14

%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%93.jpg

 大学入試センター試験まであと2日。今年も受験シーズンがやってきました。
 受験生のみなさんは、寸暇を惜しんでラストスパートをかけていることでしょう。徹夜での猛勉強、一夜漬けでの暗記にいそしんでいる人も少なくないのではないかと思います。
 しかし、この時季にこそ大切なのは、睡眠です。
 睡眠は、90分周期で繰り返される「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」から成り立っています。レム睡眠時には肉体を休め、ノンレム睡眠時には脳を休めます。これが交互に起こることが重要で、記憶の定着にも必要なこととされています。良い眠りのサイクルができていないと、やみくもに勉強してもただ時間を浪費しているに過ぎないのです。
 たとえ短時間でもしっかり眠って記憶を定着させることこそが、明暗を分けると言っても過言ではありません。
 「睡眠は受験生の敵」にあらず、「何よりの味方」なのです。
 「いつ寝るの?今でしょ!!」―受験生のみなさんが質のよい睡眠を取ることにより、吉報を手にされることを心からお祈りいたしております。(ねむり家スタッフ一同)

柚子アラカルト
2016.01.14

%E3%82%86%E3%81%9A.jpg

 社長が柚子を分けて下さいました。
 小ぶりでなんとも可愛らしく、まずはリビングのテーブルに飾って楽しみました。
 同僚のスタッフさんから「種はお酒に漬けておくとプルプルになって、お肌につけるといいよ」「薄切りにして、しょうゆ・砂糖を合わせたものに漬けておくと、ちょっと変わったごはんのお供になるよ」と教えてもらい、さっそく挑戦してみました。
 種を漬けたお酒はなるほどゼリー状になり、顔に塗ってみたところ、しっとりつやつやになりました。
 お漬け物は飴色に染まり、今夜のお楽しみに取ってあります。後日またご報告しますね。
 そしてもうひとつ、柚子湯。半分にした柚子を数個ネットに入れ、お湯に浮かべて入ると、さわやかな香りが疲れを癒してくれました。香りをもっと楽しみたくて、ネットごと鼻にのっけて湯船に浸かっておりました(^ ^ゞ
 旬の素材を味わい、季節の湯を楽しみ、天然の美容液をつけ、あたたかいふとんでぐっすり休む…極上のおやすみコースだと思いませんか?
 みなさんもぜひお試し下さい(^_-)-☆(ぐっすりスタッフU)

睡眠のメカニズム☆
2015.03.19

640nemuri3.jpg

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

眠りにつくと、まずノンレム睡眠があらわれ、次に浅い眠りのレム睡眠へと移行します。私たちの眠りはこれら性質の異なる2種類の睡眠で構成されており、約90分周期で一晩に4~5回、一定のリズムで繰り返されています。

浅い眠りから深い眠りへと進み、深さのピークを過ぎると今度は逆に深い眠りから浅い眠りとなり、そのあとレム睡眠へと移行します。

ノンレム睡眠


ノンレム睡眠は、脳の発達にしたがって増えるといわれ、胎児では、レム睡眠が75%と睡眠の大部分を占めていますが、新生児では50%、3〜5歳児で20%前後と、しだいにレム睡眠が少なくなり、ノンレム睡眠が多くなってきます。これは、成長につれて脳を使うことが多くなり、脳も眠りが必要になってくるためです。ノンレム睡眠は、このように脳を休める役割を担っているところから、『脳の眠り』ともいわれています。また、近年、ノンレム睡眠のもっとも深い時に成長ホルモンが分泌されることが明らかにされ、「寝る子は育つ」という諺も科学的に実証されたといえます。

居眠りはほとんどがノンレム睡眠で、空いた時間にほんの少し居眠りするだけでも脳の休息になります。
・入眠直後にあらわれる
・夢はほとんどみない
・身体を支える筋肉は働いている
・眠りが深くなるにしたがって、呼吸回数・脈拍が少なくなる

 レム睡眠

睡眠中に脳波や筋電図をとると、レム睡眠の時には、脳はかなり活動していますが、からだは筋肉の緊張感がなくなりグッタリしていることがわかります。つまり、レム睡眠は、からだを休める役割を果たしていると考えられ、このことから『からだの眠り』ともいわれています。夢を見るのはこの時期で、夢が記憶に残るのはレム睡眠時に脳が活動しているからだと考えられています。


身体は深く眠っているのに、脳が起きているような状態の浅い眠り。
目覚めの準備状態でもあり、この時に目覚めると気分がすっきりします。
・眼球がきょろきょろ動く
・身体の力が完全に抜けている
・呼吸や脈拍が不規則
・夢をみる

眠りのメカニズムを知って、睡眠の大切さを確認しましょう☆(ぐっすりスタッフ)
**********************************************************************
創業100年 ねむり家 nemuriya
 富山県富山市室町通り2-1-20
 TEL.076-421-3183
 E-Mail: contact@nemuriya.net
 URL: http://www.nemuriya.net
 睡眠研究コラム: http://www.nemuriya.net/contents/column/
 スタッフ睡眠ブログ: http://www.nemuriya.net/contents/blog/
 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************

睡眠環境☆
2015.03.05

640nemuri7.jpg

ストレスなど精神的な原因や身体の痛みなど病的原因で眠れない方が多いとは思いますが、日頃から眠りやすい環境をつくるのもとても大事なことです。

うるさかったり明るすぎたりすると、脳が刺激されるため、なかなか寝つくことができません。また、寒過ぎても暑過ぎても安眠できないので、部屋の温度や湿度も大切な条件の一つです

◎ 音

生活音の少なくなる夜間は、ちょっとした物音が不眠の原因に。
家庭内では家族お互いの協力が必要です。外からの騒音には、二重サッシや雨戸、厚手のカーテンなどで防音対策を。

◎ 光

一般に、寝室の明るさは20~30ルクスがよいとされています。これは、おぼろげにものの形がみえる程度。ただし、人によっては豆電球をつけないと眠れない、真っ暗にしないと眠れないといった好みがあります。要は、自分にとって一番睡眠に適していると思える明るさがベスト。
眠りに入るときは、部屋全体の照明は消して、明るさのコントロールできるスタンドやフットライトなどで照明し、ゆっくりと眠りに入る環境を調えます。

◎ 温度・湿度

理想的な室温は夏が25℃、冬は15℃、湿度は年間を通して50%といわれています。エアコンなどで温度調節をするときは、冷房は25~28℃、暖房なら18~22℃を目安に設定します。ただし、冬場の暖房のつけっぱなしは空気が乾燥する原因に。保湿器などで湿度を調整します。

◎ 雰囲気

寝室は眠るための場所なので、落ちついた眠りやすい雰囲気作りが大切。刺激的な色彩は避け、昼間のストレスを彷彿とさせるような仕事の書類などは持ち込まないように。
部屋全体のカラーをベージュやブラウンといった色合いでまとめると、落ちついた雰囲気になります。


人生の3分の1が睡眠時間です。しっかり整えた環境でぐっすり眠ることで、心も体も元気になります!(ぐっすりスタッフ)
**********************************************************************
創業100年 ねむり家 nemuriya
 富山県富山市室町通り2-1-20
 TEL.076-421-3183
 E-Mail: contact@nemuriya.net
 URL: http://www.nemuriya.net
 睡眠研究コラム: http://www.nemuriya.net/contents/column/
 スタッフ睡眠ブログ: http://www.nemuriya.net/contents/blog/
 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************

睡眠とカフェイン☆
2015.02.28

640nemuri6.jpg


午後の眠気を覚ますために、コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料を飲む人は多いですね!

カフェインの覚醒効果は約4時間で切れると言われているので、寝る4時間前からはカフェインを控えるようにすれば夜の睡眠に悪影響はない……というようにいわれる方もいますが、実はちょっと違います。
カフェインの影響は、体質によっては4時間よりも長く残ります。人によっては10時間以上も続くケースもあります。

カフェインが睡眠に与える影響としては、
•脳が覚醒することによる入眠困難
•眠りが浅くなる
•中途覚醒の増加

この3つが挙げられますので、なかなか寝付けないときは、昼間にカフェインを摂取していないか思い出してみてください。

カフェインと聞くとすぐにコーヒーを連想してしまいそうですが、実際にはコーヒー以外にも紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーラ、栄養ドリンク、総合ビタミン剤などにもカフェインは含まれます。


睡眠に影響を与えるカフェイン量は150ミリグラム程度と言われています。ですから、通常なら問題はありません。ところが敏感な方なら、この程度のカフェインでも、寝付きが悪くなってしまいます。どうも寝付きが悪いという方は、今服用しているカフェイン量を調べてみてください。ひょっとしたら関係があるかもしれません。


眠れない原因を調べるのも、不眠症の改善に役立ちます☆(ぐっすりスタッフ)
**********************************************************************
創業100年 ねむり家 nemuriya
 富山県富山市室町通り2-1-20
 TEL.076-421-3183
 E-Mail: contact@nemuriya.net
 URL: http://www.nemuriya.net
 睡眠研究コラム: http://www.nemuriya.net/contents/column/
 スタッフ睡眠ブログ: http://www.nemuriya.net/contents/blog/
 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************

睡眠と飲み物☆ 
2015.02.27

640nemuri3.jpg


睡眠におススメの飲み物☆


・ハーブティー

ハーブティーの中でも、快眠に効果的だとされているものが、カモミールティーと、ラベンダーティーです。心身をリラックスさせる効果や、眠りを助ける効果が認められています。不安や苛々を感じて眠れない時や、なかなか眠気が訪れない夜には、ハーブティーを飲むと良いですね。


・生姜湯

生姜は体を温める働きが強いので、ぜひ習慣にして欲しい飲み物です。
生姜紅茶でも良いのですが、生姜紅茶にはカフェインが含まれているので、飲むのなら夕方までにしましょう。


・オニオンスープ

玉ねぎは冷え性に効果的な食べ物だと言われており、体を温める作用があります。
その玉ねぎをスープにすれば、温め効果がさらにアップするので、オススメです。夕食や、寝る前に飲むと快眠しやすくなると思います。


・ホットミルク

ホットミルクも体が温まりますが、それだけでなく、ミルクは気持ちを落ち着ける鎮静作用があります。ホットミルクを飲んだらなんだか気持ちが安らいだという経験が、あなたにもあるかもしれませんね。なんだか気持ちが落ち着かない夜は、ホットミルクを飲むのもオススメです。


・抹茶

抹茶に含まれる「テアニン」というアミノ酸には、気持ちをリラックスさせる効果があります。太陽化学株式会社の研究によればテアニンを摂取すると約40分後にα波が現れ、脳がリラックスした状態になることがわかっています。寝る40分前に抹茶を飲めばリラックスした状態で眠りにつくことができますね。抹茶(濃茶)4gに約100mgのテアニンが含まれていますから、睡眠のために飲むなら濃茶4gをお湯に溶いて飲むのがおススメ。


・ココア
ココアには、末梢部の血流を改善して身体を温める効果があるだけでなく、ココアに含まれる「テオブロミン」には、緊張を緩めリラックスした状態を作る効果があります。ココアを飲むと30分後には手足が温まり始めるそうですから、手足が冷えて眠れない、という方は、寝る1時間ほど前に飲むと良いですね。

睡眠不足は、食欲を増加させてしまうだけでなく、睡眠中に届けられるはずの栄養が細胞に届かず、お肌や髪にも影響が出てしまいます。睡眠に何かしらの不満があるという方、お休み前に睡眠を促す飲み物を飲む習慣をつけてみてはどうでしょうか♪(ぐっすりスタッフ)
**********************************************************************
創業100年 ねむり家 nemuriya
 富山県富山市室町通り2-1-20
 TEL.076-421-3183
 E-Mail: contact@nemuriya.net
 URL: http://www.nemuriya.net
 睡眠研究コラム: http://www.nemuriya.net/contents/column/
 スタッフ睡眠ブログ: http://www.nemuriya.net/contents/blog/
 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************

睡眠と心の不調☆
2015.02.26

640nemuri1.jpg


気温も上がり、季節が変わろうとしています☆
4月からは学校や職場環境が変わる方も多いのではないでしょうか?そうすると、わくわくする反面、不安や環境に馴染めずストレスを抱えてしまう場合があります。

心 のストレスは不眠をおこす事は良く知られていますよね。

しかし、心の不調がおこす睡眠障害は不眠だけではありません。実際には心と睡眠の関係はもっと複雑で す。心の病気は、疾患によって不眠といってもさまざまな特色を示しますし、時には正反対の過眠をきたす場合すらあります。そのため、心の問題によるとは気 づかれずにいる睡眠の乱れも多いと思われます。

不眠はうつ病、躁病、不安障害、双極障害など身近な心の病気の代表的な症状です。不眠といってもその内容は上記分類のようにさまざまですが、その実際と心の状態の注意深い観察から、病状を推測する事もできます。

1) うつ病

 早朝覚醒、中間覚醒がよく見られます。また、睡眠に関連して、起床時の気分の強い落ち込みを伴う事もうつ病でよくみられます。うつ病では一般に日中の気分の落ち込みが見られますが、気分の問題がほとんど自覚されずに不眠のみが自覚されている場合もあり、要注意です。

2) 不安障害

 で は心の張りつめた状態が入眠障害、中間覚醒を来す場合が多いですが、早朝覚醒は比較的少ないと思います。うつ病で見られる睡眠リズムに合わせた気分の日内 変動(朝より夕方に気分が回復する、あるいはそれの逆)は原則見られません。日中は、不安な気分につきまとわれたり、過呼吸などのパニックを示したりさま ざまな特有の症状を示します。

3) 過剰な精神活動の亢進(躁状態)による場合

 この場合は不眠は自覚上は苦痛ではありません。患者さん本人は逆に「寝るのが惜しい」ほどに集中したり楽しんだりする対象を持っています。従って医師の質問がなければ、病気とは気がつかずにすぎてしまう場合もあります。


心の状態と睡眠はとても深い関係にありますので、気になる方は専門家に相談しましょう!(ぐっすりスタッフ)
**********************************************************************
創業100年 ねむり家 nemuriya
 富山県富山市室町通り2-1-20
 TEL.076-421-3183
 E-Mail: contact@nemuriya.net
 URL: http://www.nemuriya.net
 睡眠研究コラム: http://www.nemuriya.net/contents/column/
 スタッフ睡眠ブログ: http://www.nemuriya.net/contents/blog/
 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************

ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム