ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
ねむり家オーナー大郷卓也のブログ
HOME > オーナーブログ > ミオクローヌス
周期性四肢運動障害☆
2015.01.16

IMG_7708.jpg

睡眠中に手や脚の筋肉に瞬間的にけいれんが起こり、眠りが中断されるという睡眠障害があります。これは、「周期性四肢運動障害」 と呼ばれるもので、中高年から増えてくる症状です。

筋肉の瞬間的なけいれんのことを専門的に「ミオクローヌス」と呼びます。そのため周期性四肢運動障害は、別名「睡眠時ミオクローヌス症候群」とも呼ばれます。
この障害は、手や脚が瞬間的にけいれんするということだけではなく、ピクピクするという症状も含まれます。

自分の意志とは関係なく、身体が勝手に動くことを不随意運動と呼びます 。 この不随意運動が睡眠中に手足に連続して現れるのが周期性四肢運動障害です。眠りぎわの浅いノンレム睡眠時に起こりやすい症状です。

周期性四肢運動障害の方は、手や脚のぴくつきや瞬間的なけいれんのために深い眠りが妨げられ、眠りが浅くなったり、 中途覚醒が生じたりします。このため、熟睡感を得ることができません。
目が覚めない場合には、この症状によって自分の睡眠の質が低下していることに気付かないこともあります。
朝起きると、前日にとくに脚を使ったわけではないのに脚にだるさを感じることもありますが、このような自覚症状がないことも多いです。

脚が瞬間的にけいれんする際にひざが曲がり、この時にふとんを上へ持ち上げる、あるいは蹴ることになるので、 家族の方にこのことを指摘されるようなら、周期性四肢運動障害が疑われます。

この症状の原因はまだ十分解明されていませんが、「むずむず脚症候群」の人や、 抗うつ薬、抗てんかん薬、ベンゾジアゼピン系薬剤(睡眠薬、抗不安薬など)などの薬を飲んでいる人に多く見られ、 この薬を中断したときにも見られるようです。

また、鉄欠乏性貧血や腎機能障害の人に多いことが分かっているようで、腎透析を行っている人にもよく見られるそうです。

年齢とともに有病率が増加し、60歳を越えると34%にもなります。高齢者の不眠の原因の一つです。


睡眠の質が悪いと、日中の体の調子も悪くなり、さまざまな病気が発症しやすくなります。
元気な内から、睡眠の質を意識して気を付けていくと良いですね☆(ぐっすりスタッフ)

**********************************************************************
創業100年 ねむり家 nemuriya
 富山県富山市室町通り2-1-20
 TEL.076-421-3183
 E-Mail: contact@nemuriya.net
 URL: http://www.nemuriya.net
 睡眠研究コラム: http://www.nemuriya.net/contents/column/
 スタッフ睡眠ブログ: http://www.nemuriya.net/contents/blog/
 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************

ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム