ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
睡眠研究コラム
HOME > コラム
医師との情報交換と連携 (眠りの不快をなくす)
2014.06.12

sasatani.2.jpg


 今朝は、ぐっすり眠り会にも入っていただいている、笹谷クリニックの笹谷医師の所へ
眠りと病気のつながりについてお話をして来ました。

 ねむり家には、眠りに不満や不快感でこられる方が、年齢も幅広く、薬のことや病気の
ことなども、よく聞かれます。そんな時は、専門家の医師をご紹介したり、心の悩みは、
キャリアカウンセラーの方をご紹介します。

 逆に、朝起きてからの肩の痛みや腰の痛み、寝つきの悪さや、夜中に起きる眠りの不
快感は、睡眠環境、お布団の環境と使い方、眠りの知識で改善できるので、いろいろな
専門家の方から、ご紹介をお受けします。

 まずは、知っているようで知らない眠りを知って、少しの実践で、気持ちよく眠れ、体と
心が、今よりも元気になります。

 栄養剤やドリンクで元気になってるわけでなく、眠りがすべての疲れをとってます。

 体の痛みや、心の不快感は、ほとんどが眠りの時間にできます。本来、気持ちよく起き
なければいけないのに、眠って疲れる方や、眠るのが怖いという方までおられるのが現
状です。


**********************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 
Google+: https://plus.google.com/105522658975363955458 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
********************************************************************** 

眠りの講演を通じて感じること (眠育 眠活)
2012.06.19

post%20tirasi.jpg
 
 
 
 気持ちよく眠るための『眠りの講演』を医師やカウンセラー、スポーツ
トレーナーの方々と、会社、企業や小学校などの教育機関、スポーツジム
や町内会などでお話ししてます。
 
 そこでは、日頃、話題にならない当たり前の眠りが、案外、しっかり眠
れていないことに皆さんが気づかれます。

 「なかなか眠れない、肩が痛くて起きてしまう、どうして・・・・」
 
 さまざまな事故やミス、仕事や家事、そして学校生活のさまざまな問題
の裏には、必ず眠りの障害があると言っても過言ではありません。
 
 しかし、現代社会では、そのままの生活では眠りの質はどんどん悪くな
って行きます。
 
 これは、便利になりすぎた社会が原因です。
 
 講演をしていて気づくことは、夢のない子どもたちの多さと、大人にな
るにしたがい眠りの質がどんどん悪くなる傾向があること、眠りの障害か
らの脱出方法がわからない方の多さを感じます。
 
 解決には、眠りの知識と体の喜ぶ実践をしてあげると、徐々にですが眠
りの質はよくなっていきます。
 
 講演の中では、

 眠りの基礎知識、人はどうして眠らなくてはいけないのか、さまざまな
睡眠障害の原因と対処方法などを話してます。
 
 私自身は、睡眠の基礎知識や睡眠の環境などの大切さを話し、医師には
眠りの病気の話や薬の話、カウンセラーには眠りと心の話、スポーツトレ
ーナーには眠りと運動の話などをしてもらいます。
 
 元気に楽しく生きていくには、眠りの質を今よりも良くしていく必要が
あります。
 
 眠りについては『ねむり家』におまかせ下さい。とことんサポートさせ
ていただきます。
 
 講演の依頼は、ねむり家にお問い合わせ下さい。  
 
 

**********************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 
Google+: https://plus.google.com/105522658975363955458 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
**********************************************************************  

トンネル?になってませんか。 (布団と心の関係)
2012.06.09

huton%203.jpg
 
 
 
 朝起きてから、布団をたたんで、休日にはカバーやシーツを
洗濯、そして太陽にしっかり干した布団で眠ると、とても気持
ちがよいものです。
 
 関係がなさそうですが、写真のように起きてから、そのまま
にトンネルができた布団の環境にしていると、心のバランスも
よくなくなっていきます。
 
 他人に見えないですし、人の勝手だからよいですが、105年く
らい長く布団屋をやっていると時代の流れがよく見えてきます。
 
 昔は、物を大切にしてました。布団の綿も打ち直し(リサイ
クル)して、はじめはお客様の布団、自分の布団、それから、
綿の質が悪くなったら、座布団に仕立て直していました。
 
 それも、ご家庭の主婦の方が手作りで布団を作っておられま
した。それだけ、思いがこもったお布団なので、晴れた日には、
しっかり布団を太陽に干しておられました。
 
 昔は、味噌も漬物も、食事もみんな家で作っていたものです。
物もない時代だったので、大切に直して使っていました。
 
 日本の文化は、物に心があるように、戸を一つ閉めるにして
も、ゆっくり閉める文化です。
 
 目先の不平や不満を言ってしまうより、朝起きたら布団をキ
レイにたたんで、休日には布団を干したりカバーやシーツを洗
濯したりしていると、精神衛生的のもよいと思います。
 
 いろいろな現代の社会問題がありますが、その多くが睡眠の
障害とつながってます。
 
 何か、うまく行かなくなったり、イライラしたりする時は、
布団の環境をしっかり整えられると、しっかり眠れて肉体的に
も精神的にも安定してくると私は、感じております。
  
 
眠りについては『ねむり家』におまかせ下さい。とことんサポー
トさせていただきます。
 
ぐっすり眠れて疲れのとれるお布団は、ねむり家にお問い合わせ
下さい。
  
 
 

**********************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 
Google+: https://plus.google.com/105522658975363955458 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
**********************************************************************  

睡眠時間は・・・何時に眠れば良いのか? 
2012.06.07

tokei1.jpg
 
 
 
 「あー眠れない、肩が痛い・・・・」
 
 このように、眠りの不満や不快感で、本来の眠りができない方が急増
しております。
 
 原因は何か?
 
 便利な社会になっているのに、反対に眠りの質が悪くなっていることを
見ると、
 
 1. 生活の中で体を動かす機会が減ったこと
 2. 睡眠時間が少なくなったこと
 
 が、大きな原因です。 
 
 1960年代には、成人の平均睡眠時間は、8時間以上あったものが、2010
年には、なんと7時間弱になってます。平均なので、少ない方は4時間とか
5時間という方もおられます。
 
 その傾向と一緒に、不眠や眠りの不快感や不満が多くなっています。
 
 エネルギーの節約や経費の節約はどんどんするべきですが、眠りの時間
の節約はしてはいけないようです。
 
 夜間勤務や交代制勤務の方は除いて、夜の11時には眠りたいものです。
 
 大人になると、「早く寝なさい」と言ってくれる方がいないので、自由
ですが、しっかり眠りの時間と質をあげていかないと、
 
 肉体的に疲れのとれない体や、張りや痛みなどにつながります。また、
それらをそのままにしておくと、精神的にも弱くなっていく行きます。
 
 元気な時には考えられない、悩みや不安も出てきます。
 
 便利な社会ですが、しっかり体が喜ぶことを選択していかないといけない
時代になってます。 
 
 まずは、少なくても11時までに眠る習慣、そして朝は6時ごろに起きて、
太陽をしっかり浴びる習慣をつけていただけると、体の調子は今よりもよく
なるといえます。
 
 眠りについては『ねむり家』におまかせ下さい。とことんサポートさせて
いただきます。
 
ぐっすり眠れて疲れのとれるお布団は、ねむり家にお問い合わせ下さい。  
 
 

**********************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 
Google+: https://plus.google.com/105522658975363955458 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
**********************************************************************

子どものうちから良い習慣を
2012.06.02

nesisei%20kodomo.jpg
 
 
 子どもの寝姿勢を見ると、横向き寝やうつ伏せ寝の場合は、口を
開けて呼吸していることが多いです。
  
 よだれが垂れていると、口が開いている証拠ですし、起きて口の
中や喉が渇いているいる場合は、まず口呼吸です。

 あなたの枕の臭いはどうですか?
 
 口呼吸で眠ると、不快な眠りに繋がりやすいです。
 
 なるべく、仰向けで鼻呼吸で眠る癖づけを、子どものうちからす
るとよいです。
 
 写真のように枕からずれている子どもを見たら、仰向けに直してあ
げて、鼻呼吸しているか確認してください。
 
 育児で子どもと添い寝しておられる、お母さんやお父さんは、子ど
もが寝たら、仰向けで眠りましょう。
 
 肩や腰が痛いのも、病気でない限りは、寝姿勢をしっかり体に負担
のかけないようにすれば、良くなります。
 
 それだけ、寝姿勢は大切です。
 
 あとは、子どもには眠りの大切さや、どうして眠らないといけない
かを、日頃から話してあげると、勉強よりも生きるうえで大切な良い教
育になると思います。
 
 そちらのネタなどは、この他の睡眠研究コラムを見ていただければと
思います。
 
 眠りの知識をもって、睡眠の環境をしっかり整えて、気持ちよく快適
に眠れる睡眠環境を作る元気な体を維持できます。
 
 眠りについては『ねむり家』におまかせ下さい。とことんサポートさ
せていただきます。
 
ぐっすり眠れて疲れのとれるお布団は、ねむり家にお問い合わせ下さい。  
 
 

***********************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 
Google+: https://plus.google.com/105522658975363955458 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
**********************************************************************

100年続く老舗寝具店の店主が教える「最高の眠り方」発売いたします。banner_m_online.jpg
ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム