ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
睡眠研究コラム
HOME > コラム > 眠りと食
水の飲み方で眠りが変わります。( 眠りの時間から健康を考える『ねむり家』 )
2012.05.09

mizu.jpg
 
 
 
 喉が渇くと、水を飲みたくなります。
 
 2000人以上、眠りの沿い相談をしてきた『ねむり家』では、水の飲み
方によって、眠りの不満や不快感につながりやすいことがわかりました。
 
 冷たい水は、のど越しもよく、ついつい多くの水を飲みます。
 
 水を多く飲めば、体によさそうなイメージがありますが、大量の水は
体を冷やします。

 医師とも、眠りの連携をとっている『ねむり家』の情報によると、漢
方の世界では、水は『水毒』と言われるほど、体にとってはあまりよい
ものではないそうです。
 
 眠りの不満や不快感が出る方には、日中の水分の摂り過ぎにより、体
が冷え、睡眠の障害につながっている方が多いです。
 
 この『睡眠研究コラム』でも何度も言っておりますが、体の冷えは眠
りの質を落として、疲れの取れない体や、眠りの不満や不快感につなが
ります。
 
 できるだけ体を温める生活スタイルの習慣をおすすめいたします。
 
 特に、眠りの不満や不快感が出てきた方は、冷たい水を飲む、たくさ
ん飲むことを避けてください。温めて白湯にしたり、常温で飲まれるこ
とをおすすめいたします。
 
 あとは、日頃の食生活でも、水分量の多い野菜などの食物を積極的に
摂ったり、起きているとき眠っているときの鼻呼吸をする習慣をつけて
いただけると、そんなに喉は渇きません。
 
 眠りの不満や不快感が出てくる原因は、自分の体が、日中の生活スタ
イルで喜んでいない状態、また、眠っている時の状態も体の喜んでない
状態であると言うことです。
 
 少しでも体の喜ぶことをしてあげると、数ヵ月後、数年後の体の調子
は今よりも良いものになります。
 
 健康の維持と改善をする上で、眠りの質を良くしていくことが大切に
なってきます。
 
 100年以上の布団職人の技と経験のある、ねむり家では、商品だけで
なく、気持ちよく眠るための、眠りのアドバイスや、商品の使い方、
お手入れの方法なども、お知らせしております。
 
 眠りの不満や不快感の改善に関する詳しいことは、ねむり家にお問
い合わせ下さい。
 
 
 眠りの不満や不快感は、体の喜ぶ習慣と睡眠環境で改善できます。
 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
************************************************************************* 

とことん体を温めることが大切です。(ねむり家 富山県富山市)
2012.04.11

butaziru.jpg
 
 
 
 冬でも夏でも一年中、食べ物は温かいものを食べられること
をおすすめいたします。

 体を温めるのに、おすすめの料理は豚汁です。ごぼうやニン
ジン、サツマイモ、里芋などの根菜類をたくさん入れた温かい
豚汁は体の芯まで温めてくれます。
 
 食と眠りは深いつながりがあります。甘くて冷たいものは体
を冷やします。たまにはよいと思いますが、日本人が昔から食
べていたものを食べると間違いはないといえます。
 
 できれば、住んでいる土地でできたものを食べると、いろい
ろな発見や出会いなどもあっておもしろいです。
 
 
 お聞きになりたいこと、眠りのサポートはこちらからどうぞ。 

 
 
*********************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20
TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************************
 
 
 
 

快眠には、根菜類や水分量の多い食物を。
2012.03.14

ringo.jpg
 
 
 
 眠りは、生活スタイルと密接な関係があります。
 眠りに不満が出てきたら、まずは日常の生活の中で体の喜ぶこと
一つでも多くしてあげると、眠りの質が良くなり、いつの間にか体
の調子が良くなっていきます。
 
 その中で、眠りと食の関係は深いものがあります。

 テレビや雑誌などでは、ダイエットの特集が必ずあります。簡単
にカロリーを抑えたり、食事の回数を少なくしたりするのは、眠り
には良くないことです。

 それよりも、3度の食事、加工食品だけでなく、天然のフルーツ
や野菜など含まれる水分量の多い食事、そしてなるべく温かいもの
を食べる習慣をつけられると良いです。

 飲み物も、冷たいものを少なくして、なるべく温かいものを飲む
ようにするなど、なるべく体を温めるという考えで生活されると、
眠りの不満や不快感は出にくくなります。

 イライラしながらの食事は、早食いなどになりがちなので、深呼
吸やお気に入りの香りでリラックスしたりしてから、食事をするこ
ともおすすめです。

 ねむり家としては、レンコン、ジャガイモ、サツマイモ、ごぼう
にんじんなどの根菜類の多い具沢山のお味噌汁がおすすめです。
 世の中は減塩と言ってますが、お塩は体を温めてくれます。減塩
がこれだけ進んでいるのに、三大疾病は多くなっている現実を考え
ると、原因は他にあるのではと考えられます。

 心の病気や体の病気の裏には、必ず眠りの障害が絡んできてます。
眠りを不満や不快感を取り除くことが、長く健康を維持するために
必要なことだと、ねむり家は考えます。

 ねむり家では、医師やカウンセラーなどとの連携と、100年以上の
布団の素材を扱ってきた知識と布団職人の技で快適な睡眠環境を提
案し、商品だけではなく、眠りの世界から健康をサポートしており
ます。
 
 眠りに関してのお聞きになりたいことは、こちらまでお問い合わ
せください。
 
 
 
*********************************************************************************
ねむり家   店長 大郷卓也(おおごう たくや)
富山県富山市室町通り2-1-20
TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net  
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*********************************************************************************

旬のものと眠りの関係
2012.03.08

sansai%20kogomi.jpg
 

 眠りに不満や不快感が出てくると、眠りの時間の不満を考えがちですが、
眠りは、生活スタイルの鏡のような存在で、生活スタイルが体の喜んでい
ない状態だと眠りの不満や不快感につながります。

 生活スタイルとは、起きているときの日常生活です。
 
 食、呼吸、姿勢、行動、運動、心、いろいろな生活スタイルがあります。
 
 今回は、食と眠りについて考えてみます。
 
 体にとって休まるやさしい眠りをする上で、なるべく体を冷やさないよ
うにすることが大切です。体に冷えは、眠りの質を悪くします。
 
 具体的に言えば、お昼の時間に定食などの温かいものを食べたり、鍋や
根菜類のおおいお味噌汁、その地域で採れた旬のものをなるべく食べるよ
うに心がけていただければよいと思います。
 
 あとは、なるべく食物に含まれている水分を採ることです。大根おろし
などの野菜、りんごなどのフルーツなどを積極的に食べて、水は大量に飲
まずになるべく白湯など温かいものを飲んでください。
 
 そうすると、体も温まります。できれば、お一人でなく、家族や友人と
ワイワイ、笑いながら食べると精神的にも安定して、良い眠りにつながり
やすいです。
 
 写真は、4月~5月にかけて山で採れる山菜のこごみです。山に出かけら
れて軽い散策、そして旬のものをいただくと体も心も健康になります。
 
 少しでも眠りの不満や不快感がある時は、早めに対処していかれること
をおすすめいたします。眠りの障害はジワリジワリと進んでいくので、体
の喜ぶことを習慣化すると、ジワリジワリと効いてきます。

 眠りに不満や不快感が出てきたら、100年以上の布団製作の技術と天然
素材の知識、そして医師やカウンセラーとの連携によっての知識と実践で
あなたを快適な眠りへとお導きいたします。気になる方はこちらまで・・・。
 
 富山県富山市室町通り2-1-20  ねむり家  電話076-421-3183

手作り味噌でぐっすり? (富山県は米麹)
2012.02.29

miso%20jpg.jpg

発酵食品を積極的に食べるようにすると体が温まります。
体が温まると血の流れがよくなり、肩こりなども和らいでいくと思います。
毎日、飽きずに食べれるものは、お味噌汁ではないでしょうか。

ねむり家では、お味噌汁の味噌を寒い時期に自宅で作ってます。
というのも、ねむり家のお店の前が麹屋さん、少し歩くと豆問屋
があって味噌作りを教えてもらえたからです。

それに、手作りのお味噌はとってもおいしいです。今年は、大豆
と黒豆の2種類のお味噌を仕込みました。

富山県のお味噌は、米どころ富山ということもあってたくさんの
米麹を入れます。

この米麹は、100種類以上の酵素によって免疫アップや老化防止の
効果もあるといわれています。なるべく手作りでできるものは、
手間は少しかかりますが、できるだけ家庭で作りたいものです。

ちなみに、昔は布団も家庭の主婦が作っていたのです。自分で作
った布団は愛着もあり。よく屋根の上とかに布団が干してあった
そうです。しっかり干せた布団は、布団の環境もよく質のよい睡
眠につながります。屋根に干せなくても、陰干しや布団乾燥機を
こまめにされることをおすすめいたします。

ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム