ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
睡眠研究コラム
HOME > コラム > 眠りと運動
三戦立ち(サンチンダチ) 自分の体との対話も大切な時間です。
2012.05.15

santin.jpg
 
 
 眠りに不満や不快感が出たら、試していただきたいのが、日本古来の空手
の型です。
 
 古いものには、不思議な力があるものです。 
 
 写真は、空手の三戦立ち(サンチンダチ)の構えをした時の足の写真です。
 
 この三戦立ちは、空手の基本の立ち方です。 

 この構えをした時は、不思議と後ろから前から押されても、倒れません。
 
 それと、試合などでも恐怖心が不思議と出にくくなってきます。
 
 肉体と心のバランスを確認できる、日本古来の型です。
 
 よく体のバランスが崩れて、体が歪んで体の調子を悪くされる方がおられ
ますが、ぜひ、三戦立ちの構えをして体のバランスを感じてもらいたいです。
 
 空手の型では、突きや蹴りを出したときも、頭の高さを変えませんし、横
や前方向にもぶれないようにします。
 
 ちょうど、頭のてっぺんからお尻の穴まで棒が通っているイメージです。
 
 踵の高い靴や、サンダルなどばかり履いていると、体のバランスが崩れま
す。また、正座をして食事をする機会も減ってきた現代では、姿勢を正すこ
とも少なくなりました。
 
 日常生活でも歩かなくてもよかったり、体を動かさなくてよい生活になり、
便利になったように思えますが、そのために、眠りの質は落ちてきています。
 
 生活の中に、積極的に体を動かす習慣を入れることによって、眠りの質は
必ず良くなってきます。
 
 私自身、大きな病気を経験して、空手などできるわけがなかったのですが、
眠りの質の改善をして、医師などのアドバイスを受けて、空手をできる体に
なりました。
 
 私の毎日の日課は、目を閉じて三戦立ちをして、深呼吸、そして自分の体
を感じる時間を作ることです。
 
 人間は、痛い目に合うと真剣になりますが、少し良くなったり、少しの不
調だとほったらかしにしがちです。
 
 三戦立ちに限らず、座禅や腹式呼吸、ヨガなどでも、ゆっくり目を閉じて、
ご自分の体と対話される時間を作られることをおすすめいたします。
 
 
 あとは、眠りの時間から、体に負担のかけない眠りができるような睡眠環
境を作ることです。
 
 100年以上の布団職人の技と経験であなたの眠りをしっかりサポートいたし
ます。眠りのことなら、ねむり家におまかせください。とことんサポートさせ
ていただきます。
 
 
 必ず、気持ちよく健康的に眠れるようになります。 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
************************************************************************* 

運動したらしっかり眠る (アスリートの筋肉回復 )
2012.04.28

yakyu.jpg
 
 
 運動してからの体の疲労の回復は、多くは眠りによって行われ
ています。

 世界のトップアスリートは、10時間以上しっかり休息をしてい
る方々多いです。
 
 それだけ、眠りと競技のパフォーマンス結果とのつながり、重
要性を感じていると思われます。
 
 体の調子や精神的に調子が悪い時は、眠りの不満や不快感が出
やすくなってきます。その結果、体の疲れや精神の疲れがとれな
くなる悪いサイクルに入っていきます。
 
 眠りのことを知れば知るほど、体にとって負担のかけない眠り
方が必要になってきます。
 
 体にとって負担のかけない眠りは、正しい眠りに基礎知識と、
体のよろこぶ生活スタイル、体のよろこぶ睡眠環境、寝姿勢を知っ
て実践しなくてはいけません。
 
 眠りの不満や不快感がある方は、大人の場合は、眠りのこの他の
コラムを読んでいただいたりして眠りの知識をつけていただき、今
よりも眠りの質をあげていただければと思います。
 
 子どもの場合は、親が体にとってやさしい眠りの環境を作ってあ
げることが大切です。
 
 幼児の場合は、8時には眠る習慣
 小学生の場合は、9時には眠る習慣
 中学生の場合は、10時には眠る習慣
 高校生に場合は、11時には眠る習慣
 大人も、できれば12時前には眠る習慣
 
 スポーツをしている方は、できるだけしっかり眠られることをお
すすめいたします。そうしないと、眠っている間の体の修復が追い
つかなくなり、注意力、集中力が落ちたり、疲労によるケガなどに
つながりやすいです。

 まったく運動をしていな方は、何度も言ってますが、しっかり眠
るためには、少しの運動必要になってきます。
 
 これをしないと、必ず眠りの不満や不快感につながってきます。
これは、2000人以上の『ねむり家』での眠りのアンケートの傾向で
わかったことですし、100年以上布団屋をやっていると、いろいろ
な年代の方々とのお付き合いで、眠りの傾向がわかってきます。

 誰だって、健康に元気に生活を楽しくおくりたいものです。
それには、体のよろこぶ眠りをしっかりしなければ、いけないと言
えます。

 少しの眠りの不満や不快感は、そのままにせずに、しっかり改善
に向けて修正してやる必要があります。
 
睡眠環境の改善に関する詳しいことは、ねむり家にお問い合わせ下さい。  
 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
************************************************************************* 

ぐっすり健康に眠るには、自分の体力を知ることから。(睡眠改善)
2012.04.21

yama.jpg
 
 
 写真は、富山県の立山(雄山)登山です。標高3000m級の山を
登ると、自分の体力がわかります。
 
 頭で考えているより、案外、体の体力は落ちているものです。
 
 地域の住民運動会や、マラソンイベントなどの参加すると、日
頃、体を使っていない方が、足がつったり、ケガをしたり、転倒
したりしておられます。私自身も人のことは言えるほどではあり
ませんが、山を8時間ほど歩くことはできます。
 
 眠りににも体力が深く関係しています。
 
 思うように体を動かせる方は、どこででも眠れて疲れもとれや
すい体です。反対に、日頃、体を動かさずにおられる方は、眠り
の不満や不快感が出やすいです。
 
 ここで、体を動かせばよいということは、わかります。
 
 問題は、動かすまでの心のスイッチの入れ方です。
 
 私の経験から、
 
 1. 周りの人に言う (例えば登山したい)
 2. 靴などの道具を買ってしまう
 3. 関連の書籍や写真集を買う
 
 これだけで、不思議と体を動かせる自分ができます。
 
 「運動しないといけない」と思うとおもしろくないので、なかな
か重い腰があがりません。
 
 でも体と心を元気に保つためには、しっかり眠らないといけませ
ん。しっかり眠るには、体を動かして、体に負担のかけない寝姿勢
を保つことが大切になってきます。
 
 日常生活にも、なるべく歩きや自転車を取り入れて、体を動かす
習慣をつけられると、自然に眠りの質はよくなっていきます。
 
 眠りことなら『ねむり家』におまかせください。100年以上の布団
職人の技と経験で、あなたの眠りを改善して健康に導きます。
 
 眠りに不満や不快感が出たら、まずは『ねむり家』にお問い合わせ
ください。お問い合わせは、こちらまで。 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*************************************************************************

歩き方、眠り方、運動の続け方 (当たり前のことが大切)
2012.04.18

asihaba.jpg
 
 
 
 眠りに不満や不快感が出る方の共通点として、運動量が少な
くなることが、眠りの相談をしているとわかります。
 
 軽い運動は当たり前なのですが、なかなかできないのが本音
だと思います。
 
 そんな時は、なるべく生活習慣の中に軽い運動を入れると長
続きして良いです。
 
 日常生活に目を向けると、歩くということは欠かせないこと
です。日常よりも、少し多く歩かれると体の調子も良くなった
り、しっかり眠れるようになるものです。
 
 歩くという、当たり前の行為ですが、足や腰に負担をかけて
歩いておられる方が多いのが現状です。
 
 体に負担のかけない歩き方。 

 そこで大切なのが、歩き方です。体にとって負担のかけない
歩き方をしてもらいたいです。
 
 女性に多い、内股歩きやモデル歩きは体に負担をかけます。
これらは、骨盤をねじる動きが入り、体の重心も前のめりに、
なります。
 
 そうすると、足の裏にタコやマメができたり、腰が痛くなっ
たり、長時間、歩けなくなったりします。

 なぜなら、私の趣味の登山で、まさか内股、モデル歩きで、
山を登っておられる方はいないと思います。人間の本来の歩き
方は、写真のような少し足を開いた状態で歩くことだといえる
ので、体をねじらず、なるべく踵に重心を置くように歩かれる
ことをおすすめいたします。
 
 どうしても内股歩きや、モデル歩きをしたい方は、場所と時
間で使い分けていただけると良いと思います。

 散歩による運動量が上がると、肉体的に疲れるので眠りの質
は良くなります。あとは、体に負担のかけない寝姿勢をすると
眠りの不満や不快感はなくなっていきます。

 これは、ねむり家で、多くの眠りの相談を受けてきて改善さ
れた方々の話をお聞きしてわかったことです。
 
 睡眠環境の改善に関する詳しいことは、ねむり家にお問い合
わせ下さい。
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*************************************************************************

体がよろこぶ習慣を・・・・見つけよう
2012.04.02

itatigawa%20sanpo.jpg
 
 
 
 眠りの不満や不快感が出てくると、自分の日常の行動を
確認してみることをおすすめいたします。
 
 眠りの不満や不快感を感じていると、疲れがとれなかっ
たり、やる気がでなくなったりします。
 
 自分の行動範囲も小さくなりがちです。
 
 眠りの不満や不快感が出たら、まずは、ゆっくりお風呂
に入って、いつもの眠る時間より、早めに眠って、早朝に
起きられることをおすすめいたします。
 
 3月から4月には、散歩していると沈丁花や桜の花など、
目でも鼻でも楽しめる季節になってきます。
 
 沈丁花の香りに誘われて、深く深呼吸しながらの散策は
最高です。 
 
 はじめは、体も動きづらく、気持ちものりませんが、続
けられると調子が良くなってきます。
 
 人生は長いので、もし眠りに不満や不快感がある方は、
長い目でみて、自分の体に合う生活スタイルに変えられる
ことをおすすめいたします。
 
 太陽の下で、散歩してなるべく歩いたり、軽く走ったり
する習慣や、温かいものを食べる習慣、温かいお風呂に入
る習慣、体を冷やさない習慣、早寝早起きの習慣などです。
 
 これらは、間違いのない習慣です。
 
 それから、ねむり家からの提案は、
 
 仰向けで、体に合った寝姿勢を、体に合った枕で眠るこ
と、そして寝返りのうちやすい睡眠環境を作ってあげれば、
眠りの不満や不快感は徐々になくなっていきます。
 
 朝起きて、仕事や家事や育児に支障が出なければ、上に
書いたようなことを積極的にされると、必ず眠りの質は向
上して改善されます。
 
 眠りの相談を1500人以上してきた、100年以上布団屋をし
てきて、医師やカウンセラーと連携してきた『ねむり家』
だからいいます。
 
 体の不調や健康を維持、改善したい方は、まずは『眠り』
です。眠りに目を向けていただけば、必ず体の調子は良く
なります。
 
 健康維持の改善のことなら、眠りに詳しい『ねむり家』
におまかせ下さい。あなたの眠りをサポートいたします。
 
 お聞きになりたいことはこちらからどうぞ。 
 
*********************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20
TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo
twitter: 眠りのつぶやき 
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
********************************************************************************* 

 
  

 
 

ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム