ネット販売
ねむり家〜手作り寝具で眠りをサポート〜
ネット販売ページ商品紹介店舗案内お問い合わせ
トップ手作り商品について商品特徴Q&Aお客様の声ねむり家とはお知らせスタッフブログ
睡眠研究コラム
HOME > コラム
温めると間違いないです。( 肩こりや腰の痛み、冷え性 )
2012.05.16

sapota.jpg
 
 
 眠っているのに、肩こりで、肩が痛いという方がすごく多いです。
 
 がまんして、眠って、痛みのあまり起きてしまう方もおられるく
らいです。ひどくなると、小指や腕がしびれてしまう方もおられま
す。
 
 これは、何が原因かと言いますと、

 『眠っている時の寝姿勢』です。
 
 本来、眠っている時に痛みや不快感が出ることがおかしなことです。
 
 肉体的や精神的な疲れがとれて元気に起きなければいけないのに、
眠って、不快感や不安が出てくる方が多いのが現状です。
 
 こんな時はどうすれば良いのでしょうか。
  
 ますは、肩こりや腰痛の痛み原因である血行障害をなくすことが大切
になってきます。
 
 まずは、眠っている間は、この『睡眠研究コラム』の中に書いてある
体に負担のかけない寝姿勢を作って、しっかり寝返りのできる睡眠環境
を作ってあげることが必要です。
 
 そして、起きている間は、なるべく体を冷やさない生活スタイルが大
切です。
 
 写真のように、お腹の腹巻、足には足ウオーマー、肩には肩サポータ
ー、手首にはリストバンド、肘には肘サポーターなど、使って、とこと
ん体を温めてみてください。
 
 お風呂にもゆっくり入って、よっぽど体の調子が悪い場合は、大きな
銭湯や温泉などにゆっくり入ってきてください。
 
 どんどん、続けられると、気づかないうちに眠りの質はよくなってい
くものです。
 
 肩こりや腰痛で痛みがある方、寝つきが悪い方、夜中に何度も起きる
方は、とくに、とことん温められることをおすすめします。
 
 ぐっすり眠る会で眠りの連携をとっている笹谷医師も、「体の冷えが
眠りの障害につながって病気につながっている」といわれるくらいです。
 
 注意:病気に関してはお近くの医師の受診してください。
 
 眠りの不満や不快感は、早めのなくしておかれることをおすすめいた
します。そうしないと、疲れがとれない体になったり、心配事ややる気
の出ない心の弱い体になってしまいます。それだけ、眠りの改善は大切
なことなのです。
 
 
 肩こりなどの痛みが改善する枕を、ねむり家では、100年の以上の布団
職人の技と経験でお作りしております。 
 
 眠りの不満や不快感は、体の喜ぶ習慣と睡眠環境で改善できます。 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*************************************************************************

三戦立ち(サンチンダチ) 自分の体との対話も大切な時間です。
2012.05.15

santin.jpg
 
 
 眠りに不満や不快感が出たら、試していただきたいのが、日本古来の空手
の型です。
 
 古いものには、不思議な力があるものです。 
 
 写真は、空手の三戦立ち(サンチンダチ)の構えをした時の足の写真です。
 
 この三戦立ちは、空手の基本の立ち方です。 

 この構えをした時は、不思議と後ろから前から押されても、倒れません。
 
 それと、試合などでも恐怖心が不思議と出にくくなってきます。
 
 肉体と心のバランスを確認できる、日本古来の型です。
 
 よく体のバランスが崩れて、体が歪んで体の調子を悪くされる方がおられ
ますが、ぜひ、三戦立ちの構えをして体のバランスを感じてもらいたいです。
 
 空手の型では、突きや蹴りを出したときも、頭の高さを変えませんし、横
や前方向にもぶれないようにします。
 
 ちょうど、頭のてっぺんからお尻の穴まで棒が通っているイメージです。
 
 踵の高い靴や、サンダルなどばかり履いていると、体のバランスが崩れま
す。また、正座をして食事をする機会も減ってきた現代では、姿勢を正すこ
とも少なくなりました。
 
 日常生活でも歩かなくてもよかったり、体を動かさなくてよい生活になり、
便利になったように思えますが、そのために、眠りの質は落ちてきています。
 
 生活の中に、積極的に体を動かす習慣を入れることによって、眠りの質は
必ず良くなってきます。
 
 私自身、大きな病気を経験して、空手などできるわけがなかったのですが、
眠りの質の改善をして、医師などのアドバイスを受けて、空手をできる体に
なりました。
 
 私の毎日の日課は、目を閉じて三戦立ちをして、深呼吸、そして自分の体
を感じる時間を作ることです。
 
 人間は、痛い目に合うと真剣になりますが、少し良くなったり、少しの不
調だとほったらかしにしがちです。
 
 三戦立ちに限らず、座禅や腹式呼吸、ヨガなどでも、ゆっくり目を閉じて、
ご自分の体と対話される時間を作られることをおすすめいたします。
 
 
 あとは、眠りの時間から、体に負担のかけない眠りができるような睡眠環
境を作ることです。
 
 100年以上の布団職人の技と経験であなたの眠りをしっかりサポートいたし
ます。眠りのことなら、ねむり家におまかせください。とことんサポートさせ
ていただきます。
 
 
 必ず、気持ちよく健康的に眠れるようになります。 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
************************************************************************* 

なんのための運動なのか?(布団職人がいう、人生をうまく生きる方法)
2012.05.14

itatigawa%20tutuzi.jpg
 
 
 
 「何のために運動するのか」
 「なんで、運動しないといけないのか」
 運動は筋肉痛などの痛みや、呼吸の苦しみがあるので、このような
疑問が出てくると思います。

 でも、心のどこかで、

 「運動しなければ」
 「最近、運動してないないな」
 「もうちょっと、痩せないと」
 「ちょっとダイエットしないと」
 
 と思っておられると思います。
 
 学生時代から、運動が習慣化している方は、すぐに運動になじめま
すが、多くの方は運動の習慣化はなかなかできないのが現実です。
 
 運動する最大の理由をここでお話いたします。
 
 かっこよくなるためでも
 美人になるためでも
 もてるためでも
 
 ありません。健康で生きていくために必要なことで、
 
 「しっかり眠るため」です。
 
 眠るための運動なのです。
 
 それに付随して、
 
 かっこよくなったり、美人になったり、健康になったり、好奇心が出
たり、仕事や家事や趣味にやる気がでたり、心に自信がでたり、幸福感
を感じたり、やさしくできたり、楽しく感じたり、感謝できたりするも
のです。
 
 根本的な大切な根っこの部分が、『眠り』なのです。
 
 この『眠り』の質をよくすることが、元気で生きていく上で大切にな
ってきます。
 
 それには、精神的に疲れるだけでは眠れません。肉体的に疲れないと
いけません。
 
 昔は、移動するにも徒歩が多く、仕事も家事も肉体労働で、体と心が
バランスよく疲れてくれました。
 
 しかし、現代では、車社会、極端にいえば指一本でできる作業もある
くらい体を動かさなくなりました。
 
 それに伴い、心の病気が多くなってきてます。裏返せば、しっかり眠
れていない方が急増してます。
 
 ねむり家に眠りの相談にこられる方によく言わせていただくのが、
 
 「ご自分の体は自分でしか守れません」
 
 「眠りや、枕が気になりだしたら、眠りの危険信号です。」
 
 と言わせていただきます。
 
 みなさん、ご自分の眠りをほったらかしにしている方が多いです。そ
こに気づいて、少しづつ体の喜ぶことをしてあげている方は、みなさん、
元気になっておられます。
 
 それだけ、眠りは大切なことです。
 
 私からの提案は、まずは生活の中に、体を動かす習慣を身につけると
いうことです。
 
 それには、自然を取り入れるとよいです。
 
 休日は、近くの緑のある場所に行って散歩と散策をされてみたり、行
ってみたい所に自転車や徒歩で行ってみたり、買い物に行く時に自転車
や徒歩で行ったりなど、生活の中に歩きを積極的に取り入れると、数ヵ
月後の眠りの質は変わってきます。
 
 同じ人間でも、世の中には200キロウルトラマラソンや、トライアスロ
ン、マラソンなどを趣味でしておられる方々がいます。私自身、趣味で
自転車や登山などしていますが、共通してみなさん、どこでも眠れると
いうことです。
 
 それなら、時間の空いた時などは、部屋の中にこもらずに、積極的に
外出されるとよいかな思っております。
 
 運動と聞くと、大会や競技に出なくてはと思いがちですが、自分の気
持ちよく感じるペースでやられると長続きします。
 
 私は、写真が好きなので、写真を撮りながらの自然散策などもおすす
めです。
 
 あとは、眠りの時間から、体によい眠りをしていただければと思いま
す。100年以上眠りを探究してきた、ねむり家に眠りのことをおまかせ
きださいとことんサポートさせていただきます。
 
 必ず、気持ちよく健康的に眠れるようになります。 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo
☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
************************************************************************* 

アートな100年前の布団生地 (物を大切にする日本人の心)
2012.05.12

kire%20gaku.jpg

 
 写真は、100年以上前の布団の夜具生地(やぐじ)を観賞用
に、額に入れたものです。
 
 現代のものは、日光にあてると、色が退色してあせてしまい
ますが、昔のものは色あせしません。
 
 現代のポイ捨ての時代には考えられない、物を大切にする文
化が日本にはありました。
 
 江戸時代には、綿は高級なものだったので、火事などの時は、
箪笥と布団を持って逃げたそうです。それだけ、布団は貴重な
ものでした。
 
 布団の綿(わた)は、まず掛敷布団にして、何度か打ち直し
(リサイクル)すると固くなるので、座布団にして、それから
燃やして、肥料にするという循環ができてました。生地の方も
最後は雑巾などにしてとことん使っていました。
 
 70歳代の方々に、布団の打ち直し(リサイクル)をしてもら
うと、よく「ゴミで布団が捨ててあるのが信じられん」といわ
れます。
 
 事実、ゴミの量で多いのが、布団類です。既製品の機械で作
った布団はリサイクルできません。手作りで作った布団は、中
身の綿を、打ち直し(リサイクル)することができ、3年から
4年に一度していただくと、いつも新品のような膨らみが出て、
気持ちよく眠れる睡眠環境を保つことができます。
 
 高度成長の時代は、汚くなったら捨てる文化でしたが、これ
からは、地球に優しいリサイクルのできる商品を選んで購入す
ることも大切ではと思っております。
 
 敷布団が一枚で、6キロ近くあります。それを捨てると6キロ
のゴミになりますが、打ち直し(リサイクル)すると、中味の
綿(わた)は使うので、生地の500グラム程度のゴミで済みます。
 
 実に、12分の1のゴミの量になります。地球の異常気象も目に
見えて進んできているので、少しでもゴミの量を減らしていき
たいものです。
 
 この仕事をしていて気になることがあります。綿と羽毛の原
料の高騰が続いております。ここ5年間で倍以上の高騰です。
 
 これは、発展途上国の経済発展とともにそのような状況にな
ってます。そのような状況を考えると、購入するものもなるべ
くリサイクルができて直しができるものにされるとよいかなと
思います。
 
 100年以上前から、インドやアメリカから綿や生地を仕入れて
いる『ねむり家』だからいえる、布団の原料からみる経済の流れ
です。
 
 当たり前だけど大切な眠り、眠りに大切な布団、大切に人生で
一番使う布団をメンテナンスしながら快適に眠りましょう。
 
 
 
 今よりも、体に負担をかけずに、体によい眠りをしたい方は、
ねむり家にお聞きください。眠りのことならおまかせいただけれ
ば、とことんサポートさせていただきます。 
 必ず、気持ちよく健康的に眠れるようになります。 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
************************************************************************* 

布団の学校ってあるんです。(国家資格をもっている布団職人)
2012.05.11

sikaku.jpg
 
 
 
 「布団の学校ってあるんです」
 
 そういうと、「へー、布団の学校ってあるんですね(笑)」 
 
 決まってビックリして笑われます。
 
 今は、閉鎖になりましたが、数年前まで、東京の板橋区に、
東京蒲団技術学院(とうきょうふとんぎじゅつがくいん)とい
う、手作りの布団を教える学校がありました。
 
 写真は、学校の卒業と同時に試験がある、技能士の合格証書
です。この技能士は、厚生労働省が定める国家資格になります。
技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技
能の習得レベルを評価する国家検定制度で、機械加工、建築大
工やファイナンシャル・プランニングなど全部で128職種の試験
があります。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」
と名乗ることができます。 

 布団は、40年前までは、普段使う布団は、家庭の主婦が家で
作ってました。時代とともに、女性も社会に出ることが多くな
り、布団は、布団屋さんが作ることになったのです。
 
 昔の布団屋さんは、布団に入れる綿を作ったり、打ち直し
(リサイクル)の綿を作ったり、婚礼物の高級な布団の製作を
していました。
 
 布団の学校では、朝の朝礼で1時間くらい正座しながらの素材
の知識や道具の使い方を教わり、それからミシンなど使ったり、
敷布団、掛布団などを製作いたしました。
 
 手作りの布団は、体の全体を使っての布団の製作です。
 
 慣れてくると、感覚で布団の綴じる場所がわかるようになり
ます。
 
 綿を一枚一枚、縦横に手作業で重ねていくので、既製品とは
違った、やさしい膨らみとへたりにくい布団に仕上がります。
 
 使用する素材も天然素材が主体なので、化学繊維と違って、
布団の中が蒸れずに不快感も少ないです。
 
 職人は、なかなかアピールができない環境ですが、日本の技
、手仕事が少しでも残していければと思っております。
 
 
 眠りの不満や不快感の改善に関する詳しいことは、ねむり家に
お問い合わせ下さい。 
 
眠りの不満や不快感は、体の喜ぶ習慣と睡眠環境で改善できます。 
 
 
*************************************************************************
 ねむり家  店長 大郷卓也(おおごう たくや)
  富山県富山市室町通り2-1-20

TEL.076-421-3183
E-Mail: contact@nemuriya.net
URL: http://www.nemuriya.net 
twitter: 眠りのつぶやき
Facebook: http://www.facebook.com/takuya.oogo 

☆眠りや寝具に関するお悩み、お気軽にご相談ください、解決いたします。
*************************************************************************

100年続く老舗寝具店の店主が教える「最高の眠り方」発売いたします。banner_m_online.jpg
ねむり家 有限会社寝装の大郷
ぐっすり眠れる会睡眠研究コラム